CHINA 中国

経済成長の原動力は14億の巨大人口

中国の人口規模は世界最多となっており、巨大な労働力や消費の拡大などが経済成長の原動力となっています。

中国14.2億人 日本1.3億人 アメリカ3.3億人
  • (注)2018年データ。(2017年時点 国連予想)
  • (出所)国連のデータを基に作成
  • ※上記は予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。

現代版シルクロード「一帯一路」広域経済圏構想

中国と欧州・アフリカまでを結ぶ巨大な広域経済圏構想である「一帯一路」構想は、「シルクロード経済帯」(一帯)と「21世紀海上シルクロード」(一路)の2つのルート構築により、インフラ投資などを通じて、周辺国と中国の経済協力の推進とともに、関係国の長期的な経済発展を目指しています。

中国と欧州・アフリカを陸上と海上で結ぶ「一帯一路」構想
  • (出所)各種情報を基に作成
  • ※上記は「一帯一路」構想の理解を深めていただくためのイメージです。

「世界の工場」から大転換、加速する“創新”経済

創新(イノベーション、改革)を核に産業構造の転換を一気に進める中国政府は、「科学技術強国」「品質強国」「インターネット強国」などの他、景気のけん引役を投資から消費へと変化させるなど、あらゆる分野で「強国」を目指すことを打ち出しています。

  • (出所)各種情報を基に作成
  • ※上記はイメージです。
  • ※上記は将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。

世界No.1を目指す“AI人口知能2030発展プロジェクト”

創新テーマの1つ、AI分野において先行する米国を追い上げる中国は、さまざまな分野でAIへの投資を強化し、今後10年間、AIを中国の経済成長の重要な推進力にすることを目指して、3段階のアプローチを発表しています。

  • (注)1元=17.386円(2018年1月末)にて円換算。
  • (出所)中国国務院の資料を基に作成
  • ※上記は当資料作成現在のものであり、将来の成果および市場環境の変動等を⽰唆あるいは保証するものではありません。
    将来予告なく変更される場合があります。

ファンド情報

「高い成長を背景とした企業業績の拡大による恩恵享受」に期待するなら

「良好な財務体質による安定性」と「相対的に魅力的な利回り水準」に期待するなら

「拡大する不動産市場におけるリートの成長」と「相対的に高い利回り」に期待するなら

株式とは

株式とは、企業が活動資金を集める「資金調達」の手段として発行する有価証券の一つです。
株式を買った投資家は「株主」となり、株主総会等を通して企業の経営に参加できます。

企業の資金調達方法の例

  • 資金調達1

    金融機関からの借入れ

  • 資金調達2

    債券を発行する
    企業が債券の購入者に金銭を借りたという証拠に発行する借用証書のようなものが「債券」です。国が発行する債券である「国債」と同じように「満期」「利率」「額面」という条件が決められて発行されます。
  • 資金調達3

    株式を発行して株主を募るこの方法
    金融機関からの借り入れや社債の発行による資金調達と違い、株式の発行によって調達した資金は企業が直接、株主に返す必要はありません。株主が資金を回収するには、その株式を他の投資家に売ることでお金に換えます(株式の売買)。

債券とは

債券とは、国や地方公共団体、事業会社、金融機関などが、資金を調達するために発行する有価証券の一つです。
債券の発行者は債務者であり、投資家は債権者であることから、債券は一種の「借用証書」のようなものです。

ご参考
債券投資の意義
債券を購入することにより、あらかじめ決められた条件で利息収入を得ることができます。
債券発行の意義
発行体は長期の安定的な資金調達を行うことができます

債券投資の特徴

  • 1

    償還日まで保有することで元本の返済が約束されています。

  • 2

    発行時に決められた条件での利払いが約束されています。

  • 3

    途中売却も可能です。ただし、売却価格が市場動向により決まる為、元本を下回る可能性がありますが、一般に債券の値動きは株式などと比べて変動が小さく、安定的です。

リートとは

リート(不動産投資信託)とは、投資家から集めた資金などを基に不動産に投資・保有し、そこから生じる賃貸収入、売却益などが投資家に分配される商品です。リートは一般に金融商品取引所などに上場しているものが多く、株式と同じように売買することが可能です。リートという仕組みは米国で生まれ、「Real Estate Investment Trust」の略でREIT(リート)と呼ばれています。